「さよなら、ありがとう」

b0149130_20204133.jpg

昨日、長崎まで飛行機で帰って、夕方には通夜がある母の実家へ行きました。

それまでは全然、平気と言うか強がっていられたんですが、

御線香をあげて爺ちゃんの顔を拝んだとき、涙が溢れてきて、叔父さんにろくに挨拶もせず、

そそくさとトイレに逃げ込んで泣きました。

そして、今日の葬儀こそは泣くまいと思って、必死に堪えていたんですが、

孫一同を代表して、長年一緒に暮らしていた従兄の三姉妹の弔辞を聞いていたら、

もう、我慢とか全然できなくて、久しぶりに人前で号泣してしまいました。

口数は少なくて物静かな人でしたが、本当に真面目で優しい爺ちゃんでした。

僕の唯一の心残りは、最期に会えなかったことと、

去年の夏、「長崎に帰ってこんとね?」って聞かれたときに、「う~ん、帰ってはこれないかな…」と言ってしまったこと。

その時の寂しそうな爺ちゃんの顔は、今でも心に引っかかってます。

あとで叔母さんにも言われたけど、あの時、嘘でも「帰ってくるよ」と言えばよかった…。

こんな不出来な孫ですが、爺ちゃんの孫に生まれて本当によかったよ。

これからもどうか天国から僕らを見守っていて下さい。

さよなら、そしてありがとう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by yokomix | 2012-06-21 20:53 | 家族


<< 「ねこ」 「突然のさよなら」 >>