「桜の撮り方」

b0149130_2073829.jpg

昨年の春から、僕は「桜」を撮ることにハマってしまった。

しかし、自分の思い描く桜を撮るには、やはりそれなりの研究が必要だ。

昨年フィルムで感じたことを、今年デジタルで検証してみた。

そして以下の結論と共に、桜の撮り方の持論が完成した。

①雨や曇りでは絵になりにくい。背景は晴天の青空が抜群の相性。
②日陰では色がキレイに出ない。太陽光のライティングが必要。
③太陽光は逆光以外で、光の時間帯はお昼がベスト。
④WBをピンク寄りに設定しておくとキレイ。
⑤露出は+1~1.5くらいの方がキレイ。
⑥アップで撮るより、引いて全体を撮った方が印象的。

今年は①と②の部分がうまくいかなくて、納得がいった写真は5枚程度って感じでした。

さて、関東の桜もたぶん水曜日くらいまでって感じです。

まだ撮り足りてない気もしますが、ひとまず、桜よ今年もありがとう~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by yokomix | 2010-04-04 20:38 | 写真のこと


<< 「キャッチコピー」 「パスポート」 >>