「好きだからこそ」

b0149130_21542665.jpg

写真が趣味で、カメラに詳しくなってくると、

TVや雑誌の広告等、色んなところで登場するカメラに反応してしまう。

そして、たまに、そのカメラの使い方はなんだ~!って、見ていて勝手に怒ることがある(笑)。

今まででヒドかったのを紹介しよう(笑)。

・某シャンプーのCMで、ハッセルを手に持った芸人が、シャッターを切っていたが、ファインダーの覗き方や手ブレがひどい。

・某雑誌のモデル写真で、デジタルのGRをファインダーがあるかのごとく顔(利き目)に近づけていたショット。
(外付けファインダーが付いていない限り、GRは裏のディスプレイ画面を見ながら写真を撮る。)

・とあるデパートでポラロイド写真を撮るサービスをしていたが、撮影者がなぜか上のような幕を被って撮影していた。

まぁ、一番ヒドいと思ったのは、某カメラのCMで、「ファンダーを覗かない」って宣言していたことですけどね。

…と、あまりに好きなってしまうと、余計なことばかり見えてきて、

こんな嫌な大人になります(笑)。

何事も適度に知って、適当に見過ごすことが大事ですね♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by yokomix | 2009-10-04 22:19 | ひとりごと


<< 「巡り会い」 「そして誰もいなくなった」 >>