「そして誰もいなくなった」

b0149130_22295123.jpg

今日は写真教室で、課題の「なごり」について発表してきました。

本来なら「夏のなごり」って感じで、夏の終わりっぽいのをイメージするんでしょうが、

僕は「人のなごり」、つまりは「誰かが居たはずの風景」という写真を目指しました。

そして、その中で唯一、自分のイメージ通りだったのがこの写真です。

日中の電車内に全く人がいなくなってしまった風景。

まぁ、正直、偶然撮った写真だったんですけどね。(^-^)>

そして、それを見透かすかのように、今日、先生が認めてくれたのはコレだけでした(笑)。

もっと偶然を生かして、この場でたくさん写真を撮った方がよかったのでは?と言われ、

「確かに…」と、これしか撮らなかった自分に後悔しました。

そして、先生に「今日はストレート気味だね?」と言われ、ハッとしました。

最近はホント、抽象的な表現の写真が撮れないんだよな~って思っていたばかりでした。

次の課題は「秋色」。

ここはひとつ、思い切って抽象的にいってみようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by yokomix | 2009-10-03 22:44 | 写真のこと


<< 「好きだからこそ」 「犬と猫と人間と」 >>