「初恋の嵐」

b0149130_21545580.jpg

「初恋の嵐」というバンドをご存知だろうか?って、知らない方が普通だ。

僕は2002年に彼らのファーストアルバム「初恋に捧ぐ」をタワレコでジャケ買いした。

そのジャケット写真はわんぱくな男の子の写真で、とっても素晴らしかった。

もちろん、CDだから音楽は?って感じだろうが、昔は新人発掘が趣味だったから、

良くても悪くてもイイと思っていた。

購入後、早速彼らのCDをコンポへ投入し、歌詞カードの写真を見ようとした時だった。

そこには、歌詞カードとは別に1枚のライナーノーツが挟まっていた。

その内容を見て、正直、鳥肌が立った。

初恋の嵐のボーカルである西山氏が、このアルバム製作途中に、病で他界していたのだ。

ってことは…そう、このバンドは、ファーストアルバムが、事実上のラストアルバムだったのだ。

そんな悲しいストーリーは、より一層このアルバムの曲を惹き立てた。

その後も僕は、時々、このバンドの歌を聴いていた。

そしてこの前、久しぶりにアルバムの歌詞カードを眺めていたときだった。

なんと、この写真を撮った写真家は、

あの川内倫子さんだった(今現在、バリバリ活躍中です)。

なんだか不思議ですね、

あのときはまだ、僕は写真を本気でやろうなんて微塵も思ってなかったのに。

神様のくれる偶然は、たまに心に沁み入ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by yokomix | 2009-02-03 22:05 | 写真のこと


<< 「魚の歌」 「アンサー」 >>